京都の方必見!電力会社は自由に選ぼう!おすすめ電力会社比較サイト

TOP > 電力自由化とは > 電力自由化を京都で行う前に比較サイトで検討

電力自由化を京都で行う前に比較サイトで検討

2016年から国の政策により電力自由化が行われ、既存の電力会社以外の事業者の参入が許されるようになりました。
そしてそれは全国が対象となるために京都でも複数の事業者が参入しています。ここで気になることは新しい電力会社に乗り換えたときに電気代が安くなるかどうかの1点となります。この安くなるかならないかを調べる方法として電気料金比較サイトがあります。このサイトではだれでも無料で利用することができます。また利用後にしつこい勧誘メールなどがやってくるという心配もほとんどのサイトでは存在しません。この比較サイトでは昼間時間帯と夜間時間帯に在宅しているかどうか、1か月の料金、契約プランなどを入力する項目があります。そしてこれらの項目を入力したら、診断結果が画面に出ます。診断結果では新しい電力会社または既存の電力会社の別のプランに乗り換えたほうがいい場合と、今のプランのままのほうが安いのどちらかが表示されます。
そのため気になる場合はいきなり新しいところへ乗り換える前に、一度これらの比較サイトで比較検討することが望まれます。


生活に関わる電力自由化、京都周辺

まず電力自由化という言葉について、電力自由化とは2016年の4月から開始になった制度で、地域ごとに存在する電力会社から電力を販売するのではなく、様々な会社から電力を販売する事ができるという物です。これにより地域で選べる会社は限定されますが、自分で料金や会社が行うサービスを選択する事が可能となります。
例えば京都では関西の地域になるのでそこから電力会社を選ぶことになります、プランも様々で契約によっては年間でかかる料金もかなり変わってきます。また関西の電力会社の中には解約金が0円のもの、電気代に応じてポイントがつきそのポイントをカードにチャージする事ができるものなど色々あります。
料金で選んだり暮らしに役立つサービスで選んだりと様々な方がいます、その中から自分の望む条件に合う会社を賢く選びたいですね。


電力自由化で京都に住んでいる人の暮らしも変わる

電力自由化に伴い京都でも関西電力以外の電力会社を自由に選べるようになりました。
関電は2度の値上げによって、関電離れが更に加速しています。価格が引き上げられ、電気料金の高騰が消費者や企業にとって大きな負担となっています。電気料金のコストカット策として、新電力事業者の活用が企業や官庁で増加しています。電力供給契約を新電力へ切り替えた大口顧客の件数は増加傾向にあります。これまで90%以上もあった関電のシェアはわずか20%にまで落ち込んでいます。新電力に乗り換える最大のメリットは、電気料金が安くなるということです。電力各社、お客さんに選んでもらうために、熾烈な価格競争が繰り広げています。そのおかげで、電力会社を乗り換えるだけで、電気料金が概ね5%以上安くなることが多いです。中には10%以上安くなる会社もあります。4人家族の場合、年間1万円以上の節約も珍しくありません。 安くなる、と言われると心配になるのが「停電」のリスクです。
これについては心配する必要はありません。全ての電力会社が同じ送電網を使うので、特定の電力会社だけ停電が増えることは全くありません。

次の記事へ